いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ヤマケイ文庫 人間は、いちばん変な動物である~世界の見方が変わる生物学講義

著者:日髙 敏隆 
出版社:山と渓谷社
文庫:280ページ
発売日:2022/02/17
価格:1045円
分類: サル・人類学  動物・植物  動物学  生物学  社会一般  科学読み物  言語研究・記号学  遺伝子・分子生物学 
キーワード: ヤマ  ケイ文庫  人間    動物  世界  見方 
評価 3.9   読者数 2.5
ヤマケイ文庫 人間は、いちばん変な動物である~世界の見方が変わる生物学講義
       

<マイリスト>

<目次>

動物はみんなヘン、人間はいちばんヘン
体毛の不思議
器官としてのおっぱい?
言語なくして人間はありえない?
ウグイスは「カー」と鳴くか?―遺伝プログラムと学習
遺伝子はエゴイスト?
社会とは何か?
種族はなぜ保たれるか?
「結婚」とは何か?
人間は集団好き?
なぜオスとメスがいるのか?
イマジネーションから論理が生まれる
イリュージョンで世界を見る

<別版>

<こちらの本も見られています>