いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

陸軍墓地がかたる日本の戦争

著者:小田 康徳  堀田 暁生  横山 篤夫  西川 寿勝 
出版社:ミネルヴァ書房
単行本:280ページ
発売日:2006-05
価格:3456円
分類: 日本史一般  軍事 
キーワード: 陸軍  日本  戦争 
陸軍墓地がかたる日本の戦争
       

<マイリスト>

<目次>

日本の近代と陸軍墓地
第1部 墓碑から見つめる日本の軍隊、そして戦争
  • 軍隊と兵士―さまざまな死の姿
  • 陸軍墓地草創期の被葬者
  • 西南戦争墓碑群がかたるもの
  • 陸軍少将今井兼利の墓
  • 戦争と貧乏徳利と
第2部 一五年戦争と兵士の悲哀
  • 死者の認識票と英連邦戦死者墓地
  • 個人墓碑から忠霊塔へ
  • 仮忠霊堂の建築位相
資料 旧真田山陸軍墓地をめぐる活動と軍隊および戦争遺跡の保存

<新聞書評>