いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

手話を生きる――少数言語が多数派日本語と出会うところで

著者:斉藤 道雄 
出版社:みすず書房
単行本:272ページ
発売日:2016-02-20
分類: 社会学概論  社会福祉 
キーワード: 手話  言語  日本語 
評価 4.1   読者数 2.3
手話を生きる――少数言語が多数派日本語と出会うところで
       

<マイリスト>

<目次>

1 手話が現れるとき
  • ろうがいい
  • 朝の会 ほか
2 自然言語としての手話
  • ストーキーの発見
  • 自然言語に優劣はない ほか
3 ろう者の手話と聴者の手話
  • 八潮「たんけん」
  • 手話付きスピーチ ほか
4 手話の本来の姿
  • 和光大学での論争
  • 人権救済の申し立て ほか
5 手話言語の試練
  • サケのピリカ
  • 感覚のポリティクス ほか

<新聞書評>

<斉藤 道雄の本>