いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

不健康は悪なのか――健康をモラル化する世界

出版社:みすず書房
単行本:304ページ
発売日:2015-04-11
分類: 社会学概論  社会一般  暮らし・健康・子育て 
キーワード: 健康    世界 
不健康は悪なのか――健康をモラル化する世界
       

<マイリスト>

<目次>

イントロダクション―なぜ健康に異議を唱えるのか?
第1部 ところで、健康とは何だろう?
  • 健康とは何なのだろう?そして、どうしたら健康になれるのだろう?
  • 肉体の肥大に伴う危険性―肥満、食事、そして「健康」のあいまいさをめぐって
  • グローバルヘルスへの異義?―健康を通して、科学、非科学、そしてナンセンスを調停すること
第2部 道徳から見た健康
  • 遺伝子時代、健康をめぐっての社会的不道徳―人種、障害、不平等
  • 肥満パニック、そして新しき道徳
  • (ときには)おpっぱいの育児に異議を唱える
第3部 健康と疾患を造り出すこと
  • 製薬業界のプロパガンダ
  • 受動‐攻撃性パーソナリティ障害の奇妙に受動‐攻撃的な歴史
  • 強迫性障害の氾濫―精神医療への異議
  • 原子力への異常な愛情―あるいはいかにして原子爆弾は死に関するアメリカ人の考え方を変えたのか
第4部 健康になった後の快楽と苦痛
  • セックスは健康のために必要か?―無性愛という悦び
  • 備えよ―サバイバーシップは癌患者の義務なのか?
  • 苦痛の名のもとに
結語―来たるべき健康とは?

<新聞書評>

<ブログ等>