いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

マックス・ウェーバーの日本―― 受容史の研究 1905-1995

著者:ヴォルフガング・シュヴェントカー 
出版社:みすず書房
単行本:456ページ
発売日:2013/01/19
価格:8250円
分類: 社会一般  社会学概論 
キーワード: 日本  研究 
マックス・ウェーバーの日本―― 受容史の研究 1905-1995
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 マックス・ウェーバーの著作におけるテーマとしての日本―受容の出発点?
第2章 マックス・ウェーバー受容のあけぼの 一九〇五‐一九二五
第3章 業績の発見 一九二六‐一九四五
第4章 日本の「第二の開国」期におけるマックス・ウェーバー研究 一九四五‐一九六五
第5章 一九七〇年以後のマックス・ウェーバー・ルネサンス
第6章 結語

<新聞書評>