いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

樹をみつめて

著者:中井 久夫 
出版社:みすず書房
単行本:260ページ
発売日:2006-09-21
分類: エッセー・随筆  ノンフィクション  ビジネス・経済  日本のエッセー・随筆 
キーワード:  
評価 3.9   読者数 2.3
樹をみつめて
       

<マイリスト>

<目次>

樹をみつめて
二〇〇一年秋 神戸
甲南裏山物語
神戸の街角から
戦争と平和についての観察
妄想と夢など
睡眠医学からの助言
認知症的高齢者との対話
治療における強い関係と弱い関係
記憶、脳/精神、音楽療法
神谷美恵子さんの「人と読書」をめぐって
いくつかの出会い
数学嫌いの起源
回想の散歩道
アイデンティティと生き甲斐
戦後社会変動と犯罪
対米要望の権利と義務
奇妙な無風地帯の感覚
こころと体についての断想
翻訳って何?
これらの切れ端を私は廃墟に対抗させた
最晩年の定家―老年は古人に再び出会う季節である

<新聞書評>

<中井 久夫の本>