いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

死を生きながら イスラエル1993-2003

著者:デイヴィッド・グロスマン 
出版社:みすず書房
単行本:289ページ
発売日:2004-04-21
価格:3024円
分類: 外交・国際関係  中東  ビジネス・経済  政治入門  歴史・地理 
キーワード:   生き  イスラエル 
死を生きながら  イスラエル1993-2003
       

<マイリスト>

<目次>

オスロ合意調印―突然、人間的な接触が実現した(一九九三年九月)
カイロ合意とアラファトの帰還(一九九四年六月)
ホロコーストの記憶をはこぶ伝書鳩(一九九五年一月)
第二オスロ合意―イスラエルへの疑問(一九九五年四月)
ラビン首相暗殺(一九九五年十一月)
自爆テロのはじまり(一九九六年三月)
会談に臨むネタニヤフ首相へ(一九九六年十月)
マハネ・イェフダ市場の連続自爆テロ(一九九七年七月)
人生は誰のもの(一九九八年九月)
バラク首相のイスラエル・パレスチナ合意(一九九九年九月)〔ほか〕

<新聞書評>