いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください--井上達夫の法哲学入門

著者:井上 達夫 
出版社:毎日新聞出版
単行本:200ページ
発売日:2015-06-16
分類: 哲学  暮らしの法律  法学 
キーワード: リベラル  嫌い  リベラリズム  井上    哲学入門 
評価 3.5   読者数 3.1
紹介:橘玲 
リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください--井上達夫の法哲学入門
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 リベラルの危機
  • 信用失墜
  • 「自由主義」にあらず
  • 啓蒙と寛容
  • カントの啓蒙
  • 寛容の二面 ほか
第2部 正義の行方
  • 文魂法才
  • 真理との出会い
  • 相対主義の克服
  • 正義と善
  • 正義論への準備 ほか

<新聞書評>

<井上 達夫の本>