いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ビジネスリーダー1万人が選ぶベストビジネス書トップポイント大賞第2位! ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

著者:クレイトン M クリステンセン  タディ ホール  カレン ディロン  デイビッド S ダンカン 
出版社:ハーパーコリンズ・ ジャパン
単行本:392ページ
発売日:2017-08-01
分類: マーケティング・セールス 全般 
キーワード: 理論  イノベーション  予測  可能  消費  メカニズム 
評価 4.0   読者数 3.3
ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ビジネスリーダー1万人が選ぶベストビジネス書トップポイント大賞第2位!  ハーパーコリンズ・ノンフィクション)
       

<マイリスト>

<目次>

この本を「雇用」する理由
第1部 ジョブ理論の概要
  • ミルクシェイクのジレンマ
  • プロダクトではなく、プログレス
  • 埋もれているジョブ
第2部 ジョブ理論の奥行きと可能性
  • ジョブ・ハンティング
  • 顧客が言わないことを聞き取る
  • レジュメを書く
第3部 「片づけるべきジョブ」の組織
  • ジョブ中心の統合
  • ジョブから目を離さない
  • ジョブを中心とした組織
  • ジョブ理論のこれから

<クレイトン M クリステンセンの本>