いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

珍獣の医学

著者:田向 健一 
レーベル: 扶桑社文庫
出版社:扶桑社
文庫:326ページ
発売日:2016-01-31
分類: ミステリー・サスペンス・ハードボイルド  畜産・獣医学 
キーワード: 珍獣  医学 
評価 4.1   読者数 2.9
珍獣の医学
       

<マイリスト>

<目次>

毎日が未知との闘い、「珍獣」の診療
動物の診療は科学捜査に通ずる
イグアナたちの卵詰まりと不妊手術
命を「飼う」ということ
カメの手術方法と動物の結石
注意1秒、ケガ一生。多くは飼い主の不注意による
なぜ、かくも食べられないものを飲み込むのか
トカゲ100匹の血液検査をし、血液基準値を作成
バレーボール大の犬の腫瘍から、ヘビの大腸ガンまで
動物病院で使う薬のほとんどは人間用
動物いろいろ、飼い主さんもいろいろ
「楽にしてあげたい」と思うか「助かる」と信じるか

<別版>

<田向 健一の本>