いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

韓国人による沈韓論

著者:シンシアリー 
レーベル: 扶桑社新書
出版社:扶桑社
新書:267ページ
発売日:2014-08-31
分類: 外交・国際関係  韓国・北朝鮮  社会学概論  地理・地域研究 
キーワード: 韓国人 
評価 4.0   読者数 3.0
韓国人による沈韓論
       

<マイリスト>

<目次>

序章 「汝、己を知れ」―韓国を映し出す「鏡」
第1章 「反日」と酷似するセウォル号沈没事故の因果
第2章 韓国の「法」が、劣悪なお飾りに過ぎない理由
第3章 専門家・「匠」が存在しない惨たる国
第4章 「集団被害妄想」が禍々しい信念を醸成する
第5章 峻別される「ウリ(私たち)」と「ナム(他人)」
第6章 「歴史を忘れた“韓国民族”に未来はない」
第7章 韓国では「弱者」は人間にあらず
第8章 果てしない「謝罪」要求は、日本を隷属するまで続く
終章 それでも私が韓国という「船」に残るのはなぜか

<シンシアリーの本>