いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

記者会見ゲリラ戦記

著者:畠山 理仁 
レーベル: 扶桑社新書
出版社:扶桑社
新書:288ページ
発売日:2010-12-01
分類: ジャーナリズム 
キーワード: 記者会見  戦記 
評価 3.6   読者数 2.6
記者会見ゲリラ戦記
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 記者会見突撃記?首相官邸への道
  • なぜ私は記者会見に出るのか
  • 最初の風穴は「アリバイ工作」だった ほか
第2章 名ばかり「オープン化」の実態(記者会見ゲリラ戦記(2010年3月31日?5月27日)
座談会「記者会見フルオープン化はいつ?」(大川豊×岩上安身×畠山理仁))
第3章 菅首相に交代、会見開放も“後退”?(記者会見ゲリラ戦記(2010年6月4日?8月4日))
第4章 可視化の道は遠し!司法・法曹会見(記者会見ゲリラ戦記(2010年7月20日?7月27日)
記者会見ゲリラ戦記(2010年10月21日?10月22日) ほか)
第5章 菅改造内閣でオープン化はどうなる?

<畠山 理仁の本>