いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

(145)今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。: 貧困の連鎖を断ち切る「教育とお金」の話

著者:本山 勝寛 
レーベル: ポプラ新書
出版社:ポプラ社
新書:174ページ
発売日:2018-02-09
分類: 教育学 
(145)今こそ「奨学金」の本当の話をしよう。: 貧困の連鎖を断ち切る「教育とお金」の話
         

<マイリスト>

<目次>

第1章 検証「奨学金地獄」―なぜ奨学金は社会問題になったのか
  • 「奨学金タタキ」が急浮上
  • 奨学金ってなに? ほか
第2章 貧乏でも東大に行けるのか?―日本の「教育とお金」
  • 「東大生の親は金持ち」?
  • 東大生の8人に1人は低所得家庭出身 ほか
第3章 海外の教育事情と奨学金制度
  • 「貧乏人」ほどハーバードを目指せ!?
  • 必要に応じた授業料―ニードベース奨学金 ほか
第4章 教育格差をなくすための9つの提言
  • 教育格差をなくすために政府ができること
  • 教育格差をなくすために大学・企業ができること ほか

<新聞書評>