いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ヒロシマ・パラドクス―戦後日本の反核と人道意識

著者:根本雅也 
出版社:勉誠出版
単行本:288ページ
発売日:2018-06-26
分類: 日中・太平洋戦争  昭和・平成  日本史一般 
キーワード: 戦後  日本 
ヒロシマ・パラドクス―戦後日本の反核と人道意識
         

<マイリスト>

<目次>

ヒロシマの普遍主義
第1部 創られたヒロシマ―普遍主義の力学
  • 占領と復興―普遍主義の誕生
  • 原水爆禁止運動と広島―人道主義と超政治的立場
  • 原水爆禁止運動の分裂と広島市行政―権力の拡大
第2部 遺産化する被爆体験―継承の力学
  • 被爆体験の遺産化―被災の資料と記録の運動
  • 継承の制度化―体験を語る活動と教育
第3部 生きている原爆―暴力の力学
  • 傷と痛み
  • ホウシャノウが現れるとき
  • 死者とともに生きる
反原爆の立場―もうひとつの普遍主義

<新聞書評>