いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

水族館の文化史―ひと・動物・モノがおりなす魔術的世界

著者:溝井裕一 
出版社:勉誠出版
単行本(ソフトカバー):368ページ
発売日:2018/06/25
価格:3080円
分類: 社会一般  文化人類学・民俗学 
キーワード: 水族館  文化史  ひと  動物  モノ  魔術的  世界 
評価 3.8   読者数 2.3
受賞:サントリー学芸賞 
水族館の文化史―ひと・動物・モノがおりなす魔術的世界
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 水族館前史
  • 古代人の水族「観」
  • 中世ヨーロッパにおける水族「観」 ほか
第2章 モダンでレトロな近代水族館の世界
  • 「アクアリウム」の誕生
  • 帝国の水族館 ほか
第3章 日米の水族館と激動の時代
  • 星条旗のもとで―アメリカ水族館物語
  • 陸にあがった「龍宮城」―日本人と水族館 ほか
第4章 非日常体験を求めて「テーマアクアリウム」の世紀
  • 新しい展示、新しい海のイメージ
  • 「海洋パーク」と「テーマアクアリウム」の出現 ほか
第5章 水族館は境界をこえて生きもの展示の未来
  • 動揺する水族館
  • 水族飼育をめぐる攻防―じっさいにあった事件が語ること ほか

<新聞書評>

<こちらの本も見られています>