いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

グリーフケアを身近に―大切な子どもを失った哀しみを抱いて

出版社:勉誠出版
単行本(ソフトカバー):196ページ
発売日:2018-02-28
分類: 臨床心理学・精神分析  心理学  心理学入門  文化人類学・民俗学 
グリーフケアを身近に―大切な子どもを失った哀しみを抱いて
         

<マイリスト>

<目次>

子どもの死、胎児の死へのグリーフケアを考える
第1章 哀しみを抱いて生きる
  • 哀しみの中で物語を紡ぐ―『クレオ―小さな猫と家族の愛の物語』
  • 『クレオ』とグリーフケア
  • グリーフケアの歴史と日本での展開
第2章 子どもの死に向き合う
  • 子どもの死を考える
  • 震災で失った子どもとともに
  • グリーフケアとしての語り
第3章 出産の場におけるグリーフケア
  • 哀しみに寄り添う―民俗学の立場から
  • 流産・死産に向き合う
  • 産科医療の現場より
  • 心に触れる人間関係に根差したグリーフケアを

<新聞書評>