いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

経済で読み解く織田信長 「貨幣量」の変化から宗教と戦争の関係を考察する

著者:上念 司 
出版社:ベストセラーズ
単行本(ソフトカバー):272ページ
発売日:2017-02-25
分類: ビジネス・経済  戦国・安土桃山  日本史一般 
キーワード: 経済  織田  信長  変化  宗教  戦争  関係  考察 
評価 3.8   読者数 2.7
経済で読み解く織田信長 「貨幣量」の変化から宗教と戦争の関係を考察する
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 中世の「金融政策」と「景気」
  • 明の景気が日本経済を左右した時代
  • 室町幕府の財政事情
第2部 寺社勢力とは何なのか?
  • 老舗「比叡山」vs.新興「京都五山」
  • 京都五山のビジネスと本願寺の苦難
第3部 武将と僧侶の仁義なき戦い
  • 信長の先駆者たち
  • 「一向一揆」とは何か
第4部 信長は何を変えたのか?
  • 信長の本当の業績
  • 信長の活躍が日本を救った!

<上念 司の本>