いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

真田四代と信繁

著者:丸島和洋 
レーベル: 平凡社新書
出版社:平凡社
新書:306ページ
発売日:2015-11-16
分類: ノンフィクション  戦国・安土桃山  日本史一般 
キーワード: 真田 
評価 4.0   読者数 2.5
真田四代と信繁
       

<マイリスト>

<目次>

1章 真田幸綱―真田家を再興させた智将
  • 真田家の系図主張
  • 滋野氏の発祥 ほか
2章 真田信綱―長篠の戦いに散った悲劇の将
  • 正室「於北」と信綱の家督相続
  • 四阿山信仰と真田氏 ほか
3章 真田昌幸―柔軟な発想と決断力で生きのびた「表裏比興者」
  • 人質からの出世
  • 正室山之手殿の出自 ほか
4章 真田信繁―戦国史上最高の伝説となった「日本一の兵」
  • 実名と生没年
  • 木曽での人質生活 ほか
5章 真田信之―松代一〇万石の礎を固めた藩祖
  • 上野在城とふたりの妻
  • 豊臣政権下の信幸 ほか

<新聞書評>

<丸島和洋の本>