いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

昭和史 戦後篇 1945-1989 (平凡社ライブラリー)

著者:半藤 一利 
出版社:平凡社
単行本(ソフトカバー):614ページ
発売日:2009-06-11
分類: 昭和・平成  日本史一般 
キーワード: 昭和史 
評価 4.0   読者数 3.5
受賞:毎日出版文化賞 
紹介:松岡正剛 
昭和史 戦後篇 1945-1989 (平凡社ライブラリー)
       

<マイリスト>

<目次>

天皇・マッカーサー会談にはじまる戦後―敗戦と「一億総懺悔」
無策の政府に突きつけられる苛烈な占領政策―GHQによる軍国主義の解体
飢餓で“精神”を喪失した日本人―政党、ジャーナリズムの復活
憲法改正問題をめぐって右往左往―「松本委員会」の模索
人間宣言、公職追放そして戦争放棄―共産党人気、平和憲法の萌芽
「自分は象徴でいい」と第二の聖断―GHQ憲法草案を受け入れる
「東京裁判」の判決が下りるまで―冷戦のなか、徹底的に裁かれた現代日本史
恐るべきGHQの急旋回で…―改革より復興、ドッジ・ラインの功罪
朝鮮戦争は“神風”であったか―吹き荒れるレッド・パージと「特需」の嵐
新しい独立国日本への船出―講和条約への模索
混迷する世相・さまざまな事件―基地問題、核問題への抵抗
いわゆる「五五年体制」ができた日―吉田ドクトリンから保守合同へ
「もはや戦後ではない」―改憲・再軍備の強硬路線へ
六〇年安保闘争のあとにきたもの―ミッチーブーム、そして政治闘争の終幕
嵐のごとき高度経済成長―オリンピックと新幹線
昭和元禄の“ツケ”―団塊パワーの噴出と三島事件
日本はこれからどうなるのか―戦後史の教訓
昭和天皇・マッカーサー会談秘話

<別版>

<半藤 一利の本>