いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

世界史のなかの昭和史

著者:半藤 一利 
出版社:平凡社
単行本:462ページ
発売日:2018-02-16
分類: 昭和・平成  日本史一般 
キーワード: 世界史  昭和史 
評価 3.7   読者数 2.5
世界史のなかの昭和史
       

<マイリスト>

<目次>

プロローグ 歴史の皮肉と大いなる夢想―長い探偵報告のはじめに
第1話 摂政裕仁親王の五年間―大正から昭和へ
第2話 満洲事変を中心にして―昭和五年?八年
第3話 日独防共協定そして盧溝橋事件―昭和九年?十二年
第4話 二つの「隔離」すべき国―昭和十二年?十三年
第5話 「複雑怪奇」と世界大戦勃発―昭和十四年
第6話 昭和史が世界史の主役に躍りでたとき―昭和十五年
第7話 「ニイタカヤマノボレ」への道―昭和十六年
エピローグ 「ソ連仲介」と「ベルリン拝見」―敗戦から現代へ

<半藤 一利の本>