いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

トリュフォー 最後のインタビュー

著者:蓮實 重彦  山田 宏一 
出版社:平凡社
単行本:592ページ
発売日:2014-10-10
分類: 映画論・映像論  演劇  外国映画 
キーワード: 最後  インタビュー 
トリュフォー 最後のインタビュー
       

<マイリスト>

<目次>

トリュフォーそして映画―最初の語らい(一九七九年)
トリュフォー最後のインタビュー(一九八二‐八三年)
  • 『ある訪問』
  • 撮影ジャック・リヴェット、編集アラン・レネ
  • 「労働と文化」の頃
  • ジュネかバザンか
  • 『あこがれ』
  • 週刊文芸紙「アール」の時代
  • ピエール・ブロンベルジェというプロデューサー
  • ベルナデット・ラフォンのデビュー
  • ジェラール・ブランはジェームズ・ディーン気取りだった
  • 『勝手にしやがれ』のオリジナル・シナリオ ほか

<新聞書評>

<山田 宏一の本>