いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

哲学的な何か、あと数学とか

著者:飲茶 
出版社:二見書房
単行本(ソフトカバー):238ページ
発売日:2008-12-11
価格:1620円
分類: 数学 
キーワード: 哲学的    あと  数学 
評価 4.0   読者数 3.2
哲学的な何か、あと数学とか
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 悪魔的超難問―フェルマーの最終定理
  • 偉大なるアマチュア数学者フェルマー
  • 盲目の数学者オイラー
  • ソフィーの冒険
  • ラメとコーシーの戦い
  • クンマーの指摘
第2章 未解決問題という名の悪魔
  • ヴォルフスケール賞
  • 証明ブーム到来
  • 悪魔に魅入られた男
第3章 数学の構造と限界
  • 数学王ガウスとボヤイ親子
  • ヒルベルトプログラム
  • ゲーデルの不完全性定理
第4章 図書館から始まる物語
  • 谷山=志村予想
  • 謎の数学者ブルバキ
  • ラングランズプログラム
  • フライの楕円方程式
第5章 屋根裏の大いなる挑戦
  • アンドリュー・ワイルズ
  • 谷山=志村予想の証明に挑む
  • 世紀の発表
  • ワイルズの苦悩

<飲茶の本>