いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

教養としての「フランス史」の読み方

著者:福井 憲彦 
出版社:PHP研究所
単行本:320ページ
発売日:2019/09/26
価格:2200円
分類: フランス史  ヨーロッパ史一般  西洋史 
キーワード: 教養  読み方 
評価 3.8   読者数 2.2
教養としての「フランス史」の読み方
       

<マイリスト>

<目次>

1 「フランス」の始まり―ケルト人の定住からカペー朝の奇跡へ
2 打ち続く試練から王権の強化へ―王位継承戦争と宗教対立による危機の時代
3 絶対王政とヨーロッパ世界の拡大―権力の集中はどのようにして行われたのか
4 フランス革命とナポレオン―なぜ革命は起き、そして皇帝が生まれたのか
5 王政・共和政・帝政、揺れるフランス―十九世紀のヨーロッパと覇権争いの中で
6 なぜ、世界大戦は起こったのか―戦争の時代からEUの時代へ

<新聞書評>