いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

朝鮮戦争と日本・台湾「侵略」工作

著者:江崎 道朗 
レーベル: PHP新書
出版社:PHP研究所
新書:400ページ
発売日:2019/08/10
価格:1210円
分類: アジア史  社会・政治 
キーワード: 朝鮮戦争  日本  台湾  侵略  工作 
評価 3.7   読者数 2.2
朝鮮戦争と日本・台湾「侵略」工作
       

<マイリスト>

<目次>

序章 敗戦後の日本を襲った「敗戦革命」
第1章 野坂参三の「平和革命」工作
第2章 日本共産党と朝鮮労働党の共謀
第3章 革命の司令塔・極東コミンフォルム
第4章 中国共産党に操られたトルーマン民主党政権
第5章 台湾を守れ―根本博と「白団」の活躍
第6章 原爆開発と朝鮮戦争への道
第7章 朝鮮戦争をめぐる中ソの思惑と対立
第8章 日本共産党の武装闘争
第9章 北海道侵略の危機
第10章 左右の全体主義と戦った日本社会党

<新聞書評>

<江崎 道朗の本>