いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

なぜ論語は「善」なのに、儒教は「悪」なのか 日本と中韓「道徳格差」の核心

著者:石平 
レーベル: PHP新書
出版社:PHP研究所
新書:224ページ
発売日:2019/03/16
価格:990円
分類: 中国  東洋思想 
キーワード: 論語      日本      道徳  格差  核心 
評価 3.7   読者数 2.2
なぜ論語は「善」なのに、儒教は「悪」なのか 日本と中韓「道徳格差」の核心
       

<マイリスト>

<目次>

序章 私の『論語』体験と、私が見た「儒教の残酷さ」
第1章 定説や通念を覆す―孔子とは何者か、『論語』とは何か
第2章 御用教学・儒教の成立と悪用される孔子
第3章 朱子学の誕生と儒教原理主義の悲劇
第4章 朱子学を捨て、『論語』に「愛」を求めた日本
最終章 『論語』はこう読もう

<新聞書評>

<石平の本>