いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

日本占領と「敗戦革命」の危機

著者:江崎 道朗 
レーベル: PHP新書
出版社:PHP研究所
新書:416ページ
発売日:2018-08-16
分類: 日中・太平洋戦争  日本史一般 
キーワード: 敗戦  革命  危機 
評価 4.3   読者数 2.6
[ベスト1000冊]
日本占領と「敗戦革命」の危機
       

<マイリスト>

<目次>

序章 「敗戦で平和になった」という誤解
第1章 ルーズヴェルト民主党政権下での対日「敗戦革命」計画
第2章 中国共産党による対日心理戦争
第3章 戦時下での米中結託と野坂参三
第4章 近衛上奏文と徹底抗戦の謎
第5章 停戦交渉から逃げ回ったエリートと重光葵の奮戦
第6章 占領政策という名の日本解体工作
第7章 GHQと日本共産党の蜜月
第8章 昭和天皇の反撃
第9章 仕組まれた経済的窮乏
第10章 敗戦革命を阻止した保守自由主義者たち

<新聞書評>

<江崎 道朗の本>