いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。

著者:幡野 広志 
出版社:PHP研究所
単行本:207ページ
発売日:2018-08-21
価格:1540円
分類: 死生観  自己啓発  倫理学入門 
キーワード: ぼく  子ども   
評価 3.9   読者数 3.2
ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。
       

<マイリスト>

<目次>

1 優しさについて、僕が息子に伝えたいこと
  • 名前は誓いとプレゼント
  • 優しさは行動 ほか
2 孤独と友だちについて、息子に学んでほしいこと
  • 「親の悪知恵」は生きるすべ
  • 「友だち100人」の呪い ほか
3 夢と仕事とお金について、息子に教えておきたいこと
  • 夢と仕事とお金の関係
  • 世界と視野を広げる ほか
4 生と死について、いつか息子と話したいこと
  • 病気は鏡
  • 命の経験 ほか

<幡野 広志の本>