いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

一生使える脳 専門医が教える40代からの新健康常識

著者:長谷川 嘉哉 
レーベル: PHP新書
出版社:PHP研究所
新書:233ページ
発売日:2018-01-15
分類: 健康法  脳・認知症 
キーワード: 一生    専門医  健康  常識 
評価 3.6   読者数 2.6
一生使える脳 専門医が教える40代からの新健康常識
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 一生使える脳、一生使えない脳
  • 「一生使える脳」を育んだ人は、三つの法則を実践している
  • 聞き方一つで、記憶がよみがえる ほか
第2章 「一生使えない脳」になる前兆は四〇代から現れる
  • こんな食習慣が「一生使えない脳」をつくってしまう
  • 生活習慣病となる要因を遠ざけるために必要なこと ほか
第3章 脳の「ワーキングメモリ」を向上させる生活習慣
  • 脳は生まれたときから死ぬまで絶えず何かを学び、変化する
  • 考えながらの読書は、まさに「脳への適切な刺激」となる ほか
第4章 「一生使える脳」を支える身体づくり
  • 「食」と「運動」で脳を支える身体をつくっていく
  • プロテインスコア満点の卵を食生活に取り入れる ほか
第5章 「一生使える脳」を保つ環境整備
  • 四〇代、五〇代のうちに定年後の準備を始める
  • 自分の心に正直で行動的だからこそ、ストレスの少ない環境が整う ほか

<長谷川 嘉哉の本>

<こちらの本も見られています>