いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

まだGHQの洗脳に縛られている日本人

著者:ケント・ギルバート 
出版社:PHP研究所
単行本(ソフトカバー):220ページ
発売日:2015-05-25
分類: ノンフィクション  社会学概論  日本論 
キーワード: 洗脳  日本人 
評価 4.3   読者数 3.1
[ベスト1000冊]
まだGHQの洗脳に縛られている日本人
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 WGIPで失われた日本人の愛国心
  • 強すぎた日本軍を心の底から恐れた連合軍
  • 軍事力の重要性を語らない日本の政治家と教師とマスコミ ほか
第2章 韓国よ、あなた方こそ歴史に学んで恥を知れ
  • 安倍首相による憲法成立過程の歴史的事実の指摘
  • GHQが定めた三〇項目の報道規制 ほか
第3章 中国よ、「アジア諸国にとっての脅威」はあなた方だ
  • アメリカ国内にはびこる中国ロビー
  • 中華人民共和国(PRC)は日本と戦争をしていない ほか
第4章 わが祖国アメリカよ、いつまで「反日プロパガンダ」を続けるのか
  • ルーズベルトとスターリンが夢見た「世界二分割統治計画」
  • 戦前から日本本土爆撃と占領計画を立案 ほか
第5章 わが愛する日本よ、そろそろ「洗脳」から解放されよう
  • 「宮刑」に処せられた日本
  • GHQの政策が効きすぎた日本 ほか

<ケント・ギルバートの本>