いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

仲代達矢が語る 日本映画黄金時代

著者:春日 太一 
レーベル: PHP新書
出版社:PHP研究所
新書:261ページ
発売日:2013-01-17
価格:842円
分類: 演劇  日本映画 
キーワード: 日本  映画  黄金  時代 
評価 3.8   読者数 2.7
仲代達矢が語る 日本映画黄金時代
       

<マイリスト>

<目次>

序章 役者になるまで
第1章 俳優デビューと『人間の條件』
第2章 黒澤明との仕事―『用心棒』『椿三十郎』『天国と地獄』
第3章 京都の撮影所と時代劇―『炎上』『鍵』『股旅三人やくざ』『切腹』
第4章 仏の喜八との日々―『大菩薩峠』『殺人狂時代』『激動の昭和史沖縄決戦』
第5章 成瀬巳喜男、木下惠介と女優たち
第6章 前衛、左翼、俳優座
第7章 五社英雄と名優たちの情念―『御用金』『人斬り』『闇の狩人』『鬼龍院花子の生涯』
第8章 黒澤明と勝新太郎―『影武者』『乱』
第9章 小林正樹の挫折、映画界の黄昏―『上意討ち』『怪談』、幻の『敦煌』

<新聞書評>

<春日 太一の本>