いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

移行期的乱世の思考

著者:平川 克美 
出版社:PHP研究所
単行本(ソフトカバー):256ページ
発売日:2012-04-17
分類: ノンフィクション  社会一般  社会学概論 
キーワード: 乱世  思考 
評価 3.8   読者数 2.4
移行期的乱世の思考
       

<マイリスト>

<目次>

第1話 行き詰まった民主主義
  • 震災で露呈した民主主義の「行き詰まり」
  • 家族の崩壊、出生率の低下、そして原発は、抱いた「欲望」の結果である ほか
第2話 「解き難い問題を解く」ということ
  • すべての問題は、難しい
  • 二項対立の式は、もはやナンセンスである ほか
第3話 欲望とは
  • マズローの「欲求五段階説」の不足
  • 欲望はアンビバレント ほか
第4話 なぜ「経済成長」にこだわるのか
  • 「資本主義システム」とはいったい何なのか
  • 世界的な総需要の減退により変化する世界の均衡 ほか

<平川 克美の本>