いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

官僚の責任

著者:古賀 茂明 
レーベル: PHP新書
出版社:PHP研究所
新書:224ページ
発売日:2011-07-16
分類: 公務員・官僚  行政・官公庁  政治入門 
キーワード: 官僚  責任 
評価 3.5   読者数 3.7
受賞:新書大賞16位 
官僚の責任
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 「政治主導」が招いた未曾有の危機
  • 早まった日本崩壊のカウントダウン
  • テレビドラマ程度の対応策すら実行できなかった政府 ほか
第2章 官僚たちよ、いいかげんにしろ
  • 発送電の分離は十五年前からの課題だった
  • 原発事故の一因は経産省の不作為にあり ほか
第3章 官僚はなぜ堕落するのか
  • 改革派から守旧派へ転じた経産省
  • 規制を守ることが使命という「気分」 ほか
第4章 待ったなしの公務員制度改革
  • 増税しなければ国は破綻するという脅し
  • 官僚一人のリストラで失業者五人が救われる ほか
第5章 バラマキはやめ、増税ではなく成長に命を賭けよ
  • ちょっとかわいそうな人は救わない
  • 年金支給は八十歳から? ほか

<古賀 茂明の本>