いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

さよならは小さい声で

著者:松浦 弥太郎 
レーベル: PHP文庫
出版社:PHP研究所
文庫:189ページ
発売日:2016-01-04
分類: エッセー・随筆 
キーワード:  
評価 3.9   読者数 2.5
さよならは小さい声で
       

<マイリスト>

<目次>

1章 すてきなあのひと―美しいふるまいや暮らし、仕事のあり方
  • 「すてき」なあのひと
  • なんでもない生活の美しさ
  • 手を愛する
  • 自分の短所と付き合う
  • コミュニケーションは手紙で ほか
2章 心のどこかの風景―心にしまってある恋の思い出
  • さよならは小さい声で
  • 抱きたかった背中
  • ニューヨークと別れた日
  • 好きな人の匂い
  • ひと月に一度だけ会うひと

<松浦 弥太郎の本>