いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ゲージ場の量子論〈1〉 (新物理学シリーズ)

著者:九後 汰一郎 
出版社:培風館
単行本:272ページ
発売日:1989-07-01
分類: 物理学  理論物理学 
キーワード: 量子論 
評価 3.7   読者数 2.3
ゲージ場の量子論〈1〉 (新物理学シリーズ)
       

<マイリスト>

<目次>

Lorentz群の表現と場
  • Lorentz群
  • いろいろな場:Lorentz群の表現
  • Noetherの定理
  • スカラー場の作用積分
  • スピノール場の作用積分
  • U(1)ゲージ場:電磁場
場の量子化
  • 自由スカラー場の量子化
  • 自由Dirac場の量子化
  • パリティ変換とWeyl場
  • 時間反転不変性とCPT定理
相互作用の一般的性質とS行列
  • スペクトル条件とスペクトル表示
  • 漸近条件とS前列
  • LSZの簡約公式とHaag‐GLZ公式
経路積分と摂動論
  • 量子力学系と経路積分
  • 場の理論における経路積分
  • 摂動論
  • フェルミオン場の経路積分
  • 有効作用と有効ポテンシャル
  • S行列生成汎関数と散乱断面積
ゲージ場の量子論
  • 局所ゲージ不変性
  • 特異系の正準形式と量子化
  • ゲージ場の量子化:経路積分型式
  • BRS対称性
  • ゲージ場の正準量子化:共変な演算子型式
  • Ward‐高橋恒等式および自由場の量子化と漸近場
  • 摂動論のFeynman則と簡単な計算
  • 物理的S行列のユニタリー性I
  • 物理的S行列のユニタリー性2:BRS代数と4重項機構
  • 観測可能量
  • 物理的S行列のゲージ固定非依存性
付録(4次元記法、Diracスピノール;n=2k次元Lorentz群SO(1,n?1)のγ行列
Feynmanグラフの積分公式
行列・演算子に関する便利な公式)