いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

日本料理とは何か: 和食文化の源流と展開

著者:奥村 彪生 
出版社:農山漁村文化協会
単行本:606ページ
発売日:2016-04-22
価格:5400円
キーワード:   和食  文化  源流  展開 
日本料理とは何か: 和食文化の源流と展開
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 日本食文化の基層と源流―モンスーンアジアに位置する日本列島(日本の風土と基層としての発生期の日本食;お米はこうして日本の常食(主食)になった―日本型食生活の夜明け
源流としての中国に学んだもの)
第2部 日本料理の成立と展開―受容と改創のシンフォニー
  • 万葉歌が語る奈良時代の食
  • 中国伝来の調菜文化が起こした第二次日本食文化大革命
  • うまみの文化を決定づけた出汁の文化
  • 京都料理とは何か―日本料理の重鎮として
  • 江戸庶民の食事情
  • 漁場から始まる日本の刺身文化
  • 改創の極みとしてのすし文化
  • てんぷら(天麩羅)の謎を解く
第3部 年中行事で花開く日本料理―正月を中心に
  • 雑煮を祝う
  • おせちと七草粥

<新聞書評>