いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

星に惹かれた男たち 江戸の天文学者 間重富と伊能忠敬

著者:鳴海 風 
出版社:日本評論社
単行本:245ページ
発売日:2014-12-03
価格:2052円
分類: 江戸  日本史一般 
キーワード:     江戸 
星に惹かれた男たち    江戸の天文学者 間重富と伊能忠敬
       

<マイリスト>

<目次>

天文学に魅せられた人びと
碁師が作った太陰太陽暦―渋川春海の栄光
間重富の師 平賀晋民・坂正永
間重富の師 麻田剛立―独自にケプラーの第三法則を発見した男
寛政の改暦
大坂の町人学者たち
西洋の暦の歴史
高橋至時と『ラランデ暦書』
伊能忠敬の全国測量
長崎出張―日月食観測
高橋景保と『新訂万国全図』
古尺調査
大槻玄沢の『環海異聞』
天体観測儀器とからくし師たち
親の背中を見て育った子どもたち
天文方の役割の終焉―太陽暦採用から近代天文学へ

<新聞書評>