いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

原発事故と放射線のリスク学

著者:中西準子 
出版社:日本評論社
単行本:300ページ
発売日:2014-03-14
分類: 核・原発問題 
キーワード: 原発  事故  放射線  リスク学 
評価 3.7   読者数 2.6
原発事故と放射線のリスク学
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 放射線のリスク
  • 外部被ばくと内部被ばく
  • しきい値ありとしきい値なし ほか
第2章 原発事故のリスク
  • 原発事故のリスク―放射線のリスク
  • 除染と帰還 ほか
第3章 福島の「帰還か移住か」を考える―経済学の視点から 対談・飯田泰之VS.中西準子
  • 原発事故と研究者の責務
  • 「べき論」ばかりが繰り返される ほか
第4章 化学物質のリスク管理から学ぶこと
  • リスクトレードオフ
  • なぜ、DDTが禁止されるようになったか ほか
第5章 リスクを選んで生きる―対談・上野千鶴子VS.中西準子
  • 理系女性研究者のサバイバル
  • 本物の専門家は排除された ほか

<新聞書評>

<中西準子の本>