いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

表現の自由とメディアの現在史 統制される言論とジャーナリズムから遠ざかるメディア

著者:田島 泰彦 
出版社:日本評論社
単行本:288ページ
発売日:2019-06-25
分類: ジャーナリズム  法律 
キーワード: 表現  自由  メディア  ジャーナリズム 
表現の自由とメディアの現在史  統制される言論とジャーナリズムから遠ざかるメディア
       

<マイリスト>

<目次>

序章 自公政権下の表現規制とメディア/前史として ?二〇〇七年
  • 広がる言論・メディア統制とその特質
  • ジャーナリズムから遠ざかるメディア
第1章 自公政権から民主党政権へ/表現の自由とメディアの動向 二〇〇八年?二〇〇九年
  • 個人情報保護法と情報統制
  • 表現の自由とジャーナリズムを読む ほか
第2章 民主党政権下の表現の自由とメディア 二〇〇九年?二〇一二年
  • 民主党政権におけるメディアの政策と規制―原発報道と検察監視も含め
  • 秘密保全法案と共通番号制 ほか
第3章 安倍政権下の表現の自由とメディア 二〇一二年?二〇一七年
  • 安倍政権で進む統制と監視―マイナンバー法も含め
  • 秘密保全法案から特定秘密保護法へ ほか
第4章 表現の自由とメディアの現在 二〇一八年?
  • 表現の自由と規制をめぐる動向
  • 社外言論の自由と規律 ほか

<新聞書評>