いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

聖書を読んだら哲学がわかった キリスト教で解きあかす「西洋哲学」超入門

著者:MARO 
出版社:日本実業出版社
単行本(ソフトカバー):256ページ
発売日:2021/08/28
価格:1650円
分類: 哲学  西洋思想 
キーワード: 聖書  哲学  キリスト    西洋  入門 
評価 3.8   読者数 2.3
聖書を読んだら哲学がわかった キリスト教で解きあかす「西洋哲学」超入門
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 哲学はどうしてわかりにくいの?
  • 聖書を読んだら哲学がわかった
  • 聖書は哲学書の本棚 ほか
第2章 哲学はギリシアから生まれた
  • 最初の哲学者たち
  • 変わった人たちの多い3つの学派 ほか
第3章 キリスト教と哲学はどうつながるの?
  • ユダヤ教から生まれたキリスト教
  • イエス・キリストが示した新しい“あたりまえ” ほか
第4章 ルネッサンス以降の近世哲学
  • ペスト―「死そのもの」の考察
  • ルネッサンス―聖書に戻ろう ほか
第5章 現代の哲学は何を問題にしているの?
  • 「わたしたち」とは何か?
  • 相対主義と「分断の時代」 ほか

<MAROの本>