いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

会社売却とバイアウト実務のすべて 実際のプロセスからスキームの特徴、企業価値評価まで

著者:宮崎淳平 
出版社:日本実業出版社
単行本(ソフトカバー):396ページ
発売日:2018/10/12
価格:4400円
分類: CI・M&A 
キーワード: バイアウト  実務  すべて  プロセス  企業  価値評価 
評価 4.2   読者数 2.2
[ベスト1000冊]
会社売却とバイアウト実務のすべて 実際のプロセスからスキームの特徴、企業価値評価まで
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 M&Aによる会社売却の実際
  • ベンチャー・中小・中堅企業市場と経済活性のシステム
  • 経営者等によるイグジットとその種類(IPOとM&A) ほか
第2部 物語で学ぶあるオーナー経営者の会社売却
  • 物語をお読みいただく前に
  • 物語の基礎情報―初期フェーズ ほか
第3部 売却プロセスと売却戦略
  • 売却プロセスの種類―個別相対方式と入札方式
  • 入札方式の特徴 ほか
第4部 プロジェクションと企業価値評価
  • プロジェクションとは何か?
  • 企業価値とは何か? ほか
第5部 売却実務上のその他のポイント
  • 打診フェーズの詳細実務
  • 交渉初期~中期フェーズの詳細実務 ほか

<こちらの本も見られています>