いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

Who Gets What(フー・ゲッツ・ホワット) マッチメイキングとマーケットデザインの経済学

著者:アルビン・E・ロス 
レーベル: 日経ビジネス人文庫
出版社:日本経済新聞出版
文庫:384ページ
発売日:2018/09/04
価格:1045円
分類: 現代経済学 
キーワード: Who  What  経済学 
評価 3.6   読者数 3.0
Who Gets What(フー・ゲッツ・ホワット) マッチメイキングとマーケットデザインの経済学
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 市場はどこにでもある
  • はじめに―どんな市場にも物語がある
  • 一日のさまざまな活動を支える市場
  • 命を救う市場プログラム
第2部 挫かれた欲求―市場はいかにして失敗するか
  • 抜けがけ
  • 速すぎる取引
  • 混雑―厚みのある市場がすばやく機能しなくてはならないわけ
  • 高すぎるリスク―信頼性、安全性、簡便性
第3部 市場をよりスマートにし、より厚みをもたせ、より速くするためのデザインの発明
  • 病院と研修医のマッチングはどう進化したか
  • 安心できる学校選択へ
  • シグナリング
第4部 禁じられた市場と自由市場
  • 不快な市場、禁じられた市場…そしてデザインされた市場
  • 自由市場とマーケットデザイン

<新聞書評>

<別版>