いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

国際インフラ事業の仕組みと資金調達―事業リスクとインフラファイナンス

著者:加賀 隆一 
出版社:中央経済社
単行本:470ページ
発売日:2010-06-01
分類: 経済学  投資・金融・会社経営 
キーワード: 国際  インフラ  事業  仕組み  リスク  ファイナンス 
評価 4.2   読者数 2.2
[ベスト1000冊]
国際インフラ事業の仕組みと資金調達―事業リスクとインフラファイナンス
       

<マイリスト>

<目次>

第1編 国際インフラ事業の仕組み
  • 国際インフラ市場―インフラ・ビジネスとは何か
  • 電力事業の仕組み―民活インフラ事業の基本モデルとは
  • 電力事業における主要関連企業―躍進する日本企業の実力とは
  • 水事業の仕組みと主要関連企業―日本が国を挙げて取り組む水ビジネスとは
  • 運輸事業の仕組みと主要関連企業―日本企業が本格参入するには何が必要か
第2編 国際インフラ事業のリスク
  • 国際インフラ事業の政治リスク―現地政府の政治的介入から事業を守るには
  • 国際インフラ事業の商業リスクと自然災害リスク―事業当事者間で生じうる多様なリスクを防ぐには
第3編 国際インフラ事業の資金調達
  • インフラファイナンス1―どこからどうやって必要な資金を調達するか?
  • インフラファイナンス2―公的金融による支援と資金調達市場の今後は
  • プロジェクトファイナンスの組成―インフラファイナンスの主力手法を使いこなすには