いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

余震(アフターショック) そして中間層がいなくなる

著者:ロバート・B・ライシュ 
出版社:東洋経済新報社
単行本:207ページ
発売日:2011-07-15
分類: アメリカ・カナダ・オーストラリア  各国経済事情  経済学  経済思想・経済学説 
キーワード: アフター  ショック 
評価 3.7   読者数 2.7
紹介:橘玲 
余震(アフターショック) そして中間層がいなくなる
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 破たんした取引
  • エクルズの洞察
  • 二つの恐慌の類似性
  • あるべき取引 ほか
第2部 反動
  • 二〇二〇年大統領選挙
  • 経済をめぐる政治―二〇一〇?二〇年
  • 「前より減ること」に満足できない理由 ほか
第3部 まっとうな取引を取り戻せ
  • 何をすべきか―中間層のための新しいニューディール政策
  • どうすればよいか

<新聞書評>