いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

日本人のための経済原論

著者:小室 直樹 
出版社:東洋経済新報社
単行本:312ページ
発売日:1998-11
分類: 現代経済学 
キーワード: 日本人  経済  原論 
評価 3.7   読者数 2.6
紹介:山口周 
日本人のための経済原論
       

<マイリスト>

<目次>

序章 日本経済はなぜ身動きとれないのか
第1章 現代経済を見る眼―スパイラル現象に注目せよ
第2章 スパイラルの実際例―バブルの出現、崩壊そしてデフレ
第3章 需要と供給が織りなすミクロの世界
第4章 マクロの世界の相互連関メカニズム
第5章 三大経済学者のポイント―スミス、マルクス、ケインズをどう評価するか
第6章 日本経済の大きな構造変化
第7章 日本は鵺経済だ―資本主義、未だ成立せず
第8章 依法官僚制と家産官僚制の矛盾―日本をダメにした元凶を明らかにする

<小室 直樹の本>