いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

岩井克人「欲望の貨幣論」を語る

著者:丸山 俊一  NHK「欲望の資本主義」制作班 
出版社:東洋経済新報社
単行本:203ページ
発売日:2020/02/21
価格:1650円
分類: エリアスタディ  一般・投資読み物  外交・国際関係  金融・ファイナンス  国際政治情勢  資本主義論  世界経済 
岩井克人「欲望の貨幣論」を語る
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 「ビットコイン」は究極の貨幣か
  • 現実が理論に追いついた
  • 貨幣をめぐる二律背反 ほか
第2章 金融投機と二つの資本主義論
  • アリストテレスとミダス王の神話
  • お尋ね者ジョン・ロー ほか
第3章 貨幣は投機である
  • おカネは純粋な投機である
  • 恐慌―おカネのバブル ほか
第4章 「資本主義」の発見―アリストテレスと「近代」
  • ポリスの思想家、アリストテレス
  • ポリスは貨幣を必要とする ほか

<新聞書評>

<ブログ等>