いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

経済を見る眼

著者:伊丹 敬之 
出版社:東洋経済新報社
単行本:311ページ
発売日:2017-01-13
キーワード: 経済   
経済を見る眼
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 素朴な疑問
  • 毎日同じように働いているのに、なぜ景気は変動してしまうのか
  • なぜ株価や為替は日替わりで目まぐるしく変わるのか ほか
第2部 マクロ経済を考える
  • マクロ経済をどう描くか
  • 日本のマクロ経済はどう動いてきたか、動いてこなかったか ほか
第3部 市場メカニズムを考える
  • 市場経済のよさの本質
  • 市場競争の二つの機能 ほか
第4部 日本の産業を考える
  • 日本型市場経済と日本の産業発展
  • 日本の産業構造とその変化 ほか
第5部 経済を見る眼を養う
  • 人間を見つめ、歴史の流れを考える
  • 全体を眺め、連鎖反応と副次的効果を考える

<新聞書評>

<伊丹 敬之の本>