いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

孤独なバッタが群れるとき―サバクトビバッタの相変異と大発生 (フィールドの生物学)

著者:前野 ウルド浩太郎 
出版社:東海大学出版会
単行本:318ページ
発売日:2012-11-01
価格:2160円
分類: 昆虫学  動物学 
キーワード: 孤独  バッタ  発生 
評価 4.3   読者数 2.8
[ベスト1000冊]
孤独なバッタが群れるとき―サバクトビバッタの相変異と大発生 (フィールドの生物学)
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 運命との出逢い
第2章 黒き悪魔を生みだす血
第3章 代々伝わる悪魔の姿
第4章 悪魔を生みだす謎の泡
第5章 バッタde遺伝学
第6章 悪魔の卵
第7章 相変異の生態学
第8章 性モザイクバッタ
第9章 そしてフィールドへ…

<ブログ等>

<前野 ウルド浩太郎の本>