いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ラテンアメリカ 越境する美術 (単行本)

著者:岡田 裕成 
出版社:筑摩書房
単行本:350ページ
発売日:2014-09-25
キーワード: 美術 
ラテンアメリカ 越境する美術 (単行本)
       

<マイリスト>

<目次>

なぜいま、ラテンアメリカ美術なのか
1 征服から始まった美術
  • つくりかえられる景観
  • 宣教師たちのユートピア
  • 変容する先住民の芸術
2 「植民地的なもの」の芽ばえ
  • 新世界の聖母―つくられる奇蹟の像
  • 規範と制度の移植
  • 行きかう人びと、交錯する文化
3 成熟する植民地社会の美術
  • バロックの極限
  • 地域の多様性
  • 滅びた王国、植民地の今―社会が求めたヴィジョン
4 独立を果たして
  • 新生国家の美術
  • モダニズムの衝撃
  • アメリカの再発見?―アイデンティティの模索
世界美術史のなかのラテンアメリカ

<新聞書評>