いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

新哲学対話: ソクラテスならどう考える? (単行本)

著者:飯田 隆 
出版社:筑摩書房
単行本:318ページ
発売日:2017-11-10
分類: 西洋思想 
キーワード: ソクラテス 
新哲学対話: ソクラテスならどう考える? (単行本)
       

<マイリスト>

<目次>

序 台所の言葉で語る哲学
アガトン―あるいは嗜好と価値について
  • アポロドロスの話
  • 議論のはじまり ほか
ケベス―あるいはAIの臨界
  • 発端
  • ソクラテス登場 ほか
意味と経験―テアイテトス異稿
  • 言葉の理解のために必要な経験とは何か
  • 意味は経験できるか ほか
偽テアイテトス―あるいは知識のパラドックス
  • 「この文が真であることをだれも知らない」
  • 「自己言及」が問題ではないし、また、それを避けることもできない ほか

<新聞書評>