いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)

著者:池上 英洋 
出版社:筑摩書房
単行本:201ページ
発売日:2014-03-05
キーワード: 西洋  美術史入門  実践編 
評価 3.5   読者数 2.6
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 ひとつの作品をじっくりと読んでみよう
  • サンティニャーツィオ教会の天井画
  • 四つの大陸のイメージ ほか
第2章 美術作品の何を見るか―一次調査と「主題と社会」
  • 美術作品とはなにか
  • 「いつ、どこで、誰が」 ほか
第3章 さまざまな視点―美術品と社会の関わりをみる実践例から
  • 比較からわかること―ツタンカーメンとネフェルティティ
  • 絵画はどのように見られたか―鑑賞方法が生み出す違い ほか
第4章 まとめ―より深い鑑賞のために
  • 一枚の絵を前にして、何をすべきか
  • 推薦文献と参考資料

<池上 英洋の本>